夏場でも入浴後の体が温かいうちに保湿をするこだわりの方法を発表


未分類 / 火曜日, 12月 19th, 2017

医療脱毛でクリニックの先生に「保湿をしっかりするように!」と言われてからですが、お風呂やシャワーを浴びた後すぐにケアできるように保湿クリームを脱衣所に持って入ります。
タオルで水分を拭き取った後すぐに塗り込みます。
少し水気が残っていた方がべたつかなくなるので私的におススメできます。
塗るときは ケチらずたっぷり塗り込みます。なるべくカラダが暖かいうちに!
そうすると余分な水分がカラダから逃げていかないのか?自分なりのこだわりの塗り方です。
夏場でもこの塗り方なら嫌なベタつきは残りません。

夏場は、必要ないと思っていましたが塗り続けていると乾燥の本番の季節になってくるとその違いを実感することができます。
決して高いものは使いません。
化粧水もケチらずバシャバシャとたっぷり使います。
高いと勿体無いとケチってしまい 少量になることでいい成分が配合されようが潤いが行き届かないままになってしまうそうです。
安くても自分の肌や悩みに合うものを惜しみなく使っている方が、悩みは解消される?? と某有名美容家の先生がテレビでおっしゃってました。

長年、化粧水もボディクリームも実施してますが肌の調子がいいのはこの方法のおかげなのかなぁと思えています。
乾燥してきたからではなく、前々から対策することが大切なんだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です